妊娠中、授乳中のリフレッシュタイムのルイボスティー

4d84edf84e
それから自分でもどんなルイボスティーがあるか探して、色々試しました。結果、一番自分に合っているのはLUPICIAのものでした。香りが豊で、飲んだ時にフワッと優しい甘さがあります。ですが、後味はスッキリとしていてとても飲みやすいです。

妊娠中から、出産後の授乳中の今もまだ愛飲しています。ノンカフェインなので、育児の合間の一休憩にぴったりです。

私はとても冷え性なので冬場は体がとても温まります。夏場は冷蔵庫で冷やして麦茶代わりに飲んでいます。

上の娘もルイボスティーが大好きで、一緒に飲んだりもします。ティーパーティーと称して、お菓子と一緒に会話を楽しみながらいただきます。そのおかげで娘とゆっくり向き合って話をする時間ができ、自分の中でも育児中の心の余裕ができます。

もしくは、夜に子ども達を寝かしつけた後、一人でゆっくりと温かいルイボスティーを淹れて一息つくのも楽しみです。私にとっては本当にリフレッシュ効果があります。

普段はコーヒーの濃いブラックを好んでいたのですが、カフェインの摂取を気にするようになってからはもっぱらルイボスティーを好むようになりました。

同じ味ばかりで飽きてしまったら、ミルクを入れてまろやかにしたり、レモンやミントを添えてアクセントを加えたりするとまた違った味を楽しめます。

思い切ってお砂糖を多めに入れて、甘いご褒美ティーにするのもおススメです。

私が愛飲しているのを見ていた主人が、自分も飲んでみようかなと試しに飲んでみると、美味しいと好評でした。それから休日の朝はルイボスティーを淹れてほしいと言うようになりました。これで家族全員愛飲です。

主人は普段便秘がちなのですが、ルイボスティーを続けて飲むと便通がよくなると話していました。私はあまり感じませんでしたが、主人にはお通じをよくする効果があったようです。普段から便秘に悩んでいたのでとてもありがたい発見です。

意外と知られていないルイボスティーですが、知らない人にはぜひおススメしたいです。特に、妊娠中、授乳中でカフェインがあまり取れない女性に、このおいしさを知ってほしいです。

そして、リフレッシュ効果を感じてほしいです。

妊娠中にリフレッシュできればお腹の赤ちゃんもママと同じようにいい気分になるはずです。また、授乳中の方は日ごろ夜間の授乳など細切れ睡眠で身体は疲労しているはずです。そんな時にルイボスティーでリフレッシュして、また元気にお子さんと向き合えるようになってほしいと思います。元気なママを見て、子どももきっと嬉しくなるでしょう。

毎日の自分へのご褒美に、ルイボスティーでリフレッシュタイムを作ってはみてはいかがですか。

 

1.女性には嬉しい美容効果

e89fe8d
ルイボスティーの効能を考えると、普段のコーヒーや紅茶などの嗜好品からルイボスティーに乗り換えたくなるはずです。
ルイボスティーには、抗酸化作用がありますので、アンチエイジング効果があります。
普段の基礎化粧品にプラスして、憎っくきシミやシワを予防しましょう。

 

2.嬉しいノンカフェイン

56ed4fed
カフェインには、体を冷やすので摂りすぎには注意が必要です。
ルイボスティーは、ノンカフェインですので、安心して飲むことが出来ますよ。
寝る前の水分補給にも最適です。
温めて飲むと、寝つきも良くなります。
また、ノンカフェインですので、小さな子供やお年寄りでも気にせず飲めます。
家族揃ってルイボスティーを飲めるので、食事の際にも大変便利ですね。

 

3.便秘対策にも最適

d95
女性に多い便秘の悩み。
ルイボスティーは、便秘にも効果的です。
便秘に大敵な水分不足にならぬように、意識して水分摂取量を心がけるようにしましょう。
起床時には、温めたルイボスティーを飲むと、体と腸が温まりますのでおすすめです。
便秘には、野菜不足も原因の一つです。
薬に頼る前に、食事内容や運動不足解消など、色々な工夫をしていきましょう。

 

4.妊活中の女性にも

d65d
ルイボスティーには、卵巣機能を上げ、卵子の状態を整えるので、妊活中の女性は積極的に普段のティータイムに取り入れるようにしましょう。
抗酸化作用に加え、亜鉛やポリフェノールも含まれるので、女性ホルモンのバランスにも効果的です。
また、生理痛などの悩みにも効果的です。
妊活サプリと合わせて利用されています。
なるべく薬を飲みたくない妊活中には、嬉しい効果ですね。
妊活中には、冷えは厳禁ですので、温かいルイボスティーでリラックスしましょう。
ストレスも妊娠率には関係があると言われているので、出来るだけストレスをためないように、日頃から気分転換の方法やリラックス出来る方法を取り入れると良いですよ。

 

5.辛いアトピーにも

sd96f5
ルイボスティーに含まれる抗酸化作用には、アトピー性皮膚炎にも効果的です。
新陳代謝を促す作用もありますので、新しい皮膚を作る手助けをしてくれます。
ルイボスティーは、ノンカフェインですので、アトピー性皮膚炎で悩むお子さんにも安心して飲ませてあげる事が出来ますよ。
また、ルイボスティーの出がらしを使ったお風呂も効果的。ルイボスティーを煮出したら、捨てずにお風呂に再利用しましょう。
バスタブの着色が気になる場合は、使用後に早めにシャワーで流しておくと安心ですね。

 

6.ムクミにお悩みのOLさんにも

df8
退社時には、パンプスがキツく感じるほど足のムクミに悩む方も多いでしょう。
1日中座っているとどうしても足が浮腫んでしまいます。貼るタイプや履くタイプのムクミ予防も効果的ですが、ルイボスティーにもムクミ予防の効果があります。
老廃物を流す効能があるので、トイレも近くなります。
体に無駄な水分を溜め込まないお掛けで、ムクミを感じずらくなりますよ。
オフィスで飲むなら、ティーパックタイプのルイボスティーが便利です。
お湯を入れて、一休みの間に、屈伸などのストレッチも取り入れると、更に効果的です。